自然の”力”
このページは自然災害で受けた畑の被害状況と復旧作業を紹介して行きます。
このページが頻繁に更新されないことを祈ってます。^^;
2004/10/21台風23号
2004/10/22
午前中から倒木の撤去作業開始!

今回は、重機が入らないのですべて手作業での撤去作業です。

鋸で枝を少しづつ切っていき、幹を先端の方から短く切ってなんとか午前中に撤去終了です。

午後から落ちた梨の回収作業開始です。

機械も通れないほど落ちているのでも〜大変です。

完全に割れてどうにもならない物と割れていない物を分けながらの回収作業です。

割れて廃棄処分した物は約500kgぐらいです。割れていないものも400kg位ありましたが、日にちが経つと傷んでくるものもあると思います。

廃棄した梨は、前回の台風とあわせて約1000kg位になります。

収穫にはまだ早い品種の梨もあるので今度の24号はトドメにならなければ・・・と思います。

回収作業は、何とか本日中に終了しました。

 
2004/10/21
今回、自宅の方が少し大変で朝から自宅のかたずけをして午後から畑に来て見ると、大きな木が棚の方へ倒れていました。

この木は、前回の台風の時、反対に傾いていたんですが、今回の風は北側から吹いたので、傾いていたのが直って今回反対側に倒れました。

隣の人の畑の小屋も裏の杉の木が倒れ屋根を壊していました。

自宅のかたずけで右目をチョッと怪我をしたので、今日はこのままです、明日から撤去作業です。

も〜台風はコリゴリです・・・。


2004/09/29台風21号
 
2004/09/30
台風21号が通過し、今日は朝から快晴の天気でした。

台風の後かたずけを全員でやりたいところですが、今日の予約があるので、通常どおりの収穫班と後かたずけ班に分かれて仕事を始めます。
(と言ってもかたずけ班は私一人です・・・(T_T))

倒れた松を撤去しないとお客さんの車が止めれないので、朝からチェンソーをバリバリ言わせて作業開始です。
(収穫の時期に、こんなに頻繁にチェンソーを使うはめになるとはトホホ・・・。)

今日は、午前中に畑から1時間くらい離れた所に葡萄の配達があるので、たった一人で急ピッチで作業を進めます。

今回は、倒れた木も少ないので、1時間ぐらいで撤去終了です。

少し崩れた所もありますが、たいしたことが無いので、葡萄の収穫が一段落したらチョコチョコッと直そうと思います。
(自宅の方は、前回の台風からまだ手つかずなのですが・・・。)

畑の方の台風21号の後かたずけは終了です。

今回は、風よりも雨台風でしたね。
ニュースを見ているといろんな所でかなり被害が出ていて前回の台風よりひどいようですね。災害に合われた方、復旧作業をされている方、がんばってください。
  
2004/09/29
今年、3回目の台風上陸です。

今回の台風は、前回の18号に比べて最大風速も30メートルと前回の半分なので、チョッと安心していました。

前回の台風で、飛ばされるものは、ほとんど飛んで壊れてしまい、撤去したり修理していたので大丈夫と思い、隣の畑のおじさんが遊びに来ていたので、ゆっくり話をしていて、チョコッと外を覗いて、もうビックリ、なんと車の前に松の木が倒れていました。

自動車に当たったかも・・・?と思い見に行きましたが、いい具合に車を避けるように倒れていました。
来ていたおじさんも「もう少し前に止めようかと思った」と言ってましたが前に止めてたら直撃でした。
たてつづけに来る台風と連日の雨で立っているのもやっとだったんだろうと思います。

途中から折れるのではなく、根こそぎ倒れていました。

明日の朝は、撤去作業から一日が始まります・・・。
                    (トホホ・・・。)


2004/09/07台風18号
 
2004/09/08
今日は朝から自宅と畑のかたずけでてんやわんやな1日でした。

取りあえず選果小屋の屋根の修理を工務店に連絡しましたが、あちこちで屋根が壊れているらしく、「今日は難しい」と言われましたが、「収穫中じゃけん困るじゃろ」と夕方遅くに修理をしてくださいました。

3枚スレートが飛んでいましたが、2枚は見つかりましたが、1枚どーしても見つかりません、どこに飛んでったのやら・・・?

梨は大した事はありませんでしたが、ぶどうが結構ひどく取りあえず拾えるものだけ拾いましたが、後は、バラバラでどうにもなりません。

梨の畑の事はこちら
ぶどうの畑の事はこちら

前回の台風で壊れたカーポートは、まだ建てられませんが、一通りのかたずけは、今日一日で終了いたしました。
いろんな方からの、心配や励ましの電話ありがとうございました。

明日から通常通りぶどうの収穫を始めます!
 
2004/09/07
平成3年の台風19号以来の大型台風18号がやってきました。

午後から接近してきましたが、なんとも強烈な風でした。

瞬間最大風速60.2mという強烈な風でぶどう棚は揺れまくっていました。

選果小屋から覗く度にぶどうが落ちていました。
葉っぱは見る見る無くなっていくし、「あぁ〜あ」って感じで、小屋にいても風でサッシが開いたりして「怖い」って言うより、もう「笑い」しかでてきません。

長時間風が吹くため、山の木はボキボキ折れていくし、
選果小屋のスレートも数枚飛んでいってしまいました。
(飛んだ時、目が点になって写真撮るのを忘れてました。)

16号の後かたずけも全部済んでないのに・・・。

午後5時を過ぎた頃から少し風が弱くなってきたので、自宅に帰ろうと思っとき「待てよ・・・。」と思い、チェンソーと長靴と皮手袋を準備し帰る事に。

この辺は、田舎なので、災害が起きた時、交通渋滞で帰れなくなることはありませんが、木が倒れて帰れなくなることがあるので、大型台風の時の帰宅にはチェンソーは必需品です。(笑)
明日から、かたずけが大変じゃ〜・・・。(ハァ〜)


帰宅の途中、畑の近所の家の屋根が飛んでいました。

こんな状況を目の前で見たのは初めてです。



2004/08/30台風16号
 
2004/09/01
今日から、本格的にかたずけ作業開始です。

本格的と言っても、ぶどうの収穫をしながらなので、作業は午後からの数時間です。

取りあえずはカーポートのあったところからの作業ですが良く見ると木がカーポートのあった方に向いて、何本も半折れ状態で、この木がらくらく5メートルくらいあり、も〜大変です。

幹と枝に分け枝は冬に剪定枝と一緒にチップにして堆肥化して幹はウチの梨園の下の椎茸園さんで温室の燃料として利用してもらいます。


作業時間は短いは、途中から雨が降るはで今日は散々でした。

次は、ぶどう園の横に倒れとる松の木かぁ。

ほとんど一人で作業するので、いつ終わる事やら・・・。
トホホ
 
2004/08/31
大型台風16号がやってきました。

「大型」「大型」とテレビやラジオで連日言っていたので、「こりゃダメか・・・。」と半分あきらめていました。

いろんな所で被害が出ていますが畑のある三原市でも市内は床上浸水した所があるらしく大変だったようです。

畑の方はというと、葡萄園や梨園の中は、全然と言っていいほど被害が無く、葡萄園は棚の上に固定していた枝が外れて垂れ下がっているくらいで、梨園については1個も落下していませんでした。しかしぶどうは袋をかけてあるので中はどおなっているのやら・・・。

反対に畑の周りは、チョッときてました。

畑まで通う道は、倒木や落石で通行止めになっていたり、畑に着くと松の木が倒れていたり、 SSやトラクターを収めていたカーポートがお辞儀をするように倒れかけていました。

カーポートのビニールが日に焼けるのを防いでやろうと思って木陰に建てたのが、今までは大丈夫でしたが、今回は、裏目に出て木陰になっていた木が風にあおられカーポートを叩いたらしく柱がほとんど曲がっていました。

もともと壊れて分解してあったカーポートをもらって帰って、自分で建てたので、それほど惜しくもありませんが、部品が足らないカーポートの割りに結構役に立っていたので、これを機会に、きちんと直してやろうと思います。
まだまだ直せば使えます。(分解した後、写真を撮ってない事にきずきました・・・。)
 
トップページへ
久和田農園
−Copyright(c) 2003-2004 Kuwada All rights reserved