活動報告
あぐり交流キャラバン‘11
平成23年06月27日
鷺浦小学校全校児童14名
 
 
9:30〜10:00
開会式

 今回のあぐり交流キャラバンは、去年稲刈りを体験した鷺浦小学校全校生徒での田植え体験です!

 雨が降っても大変ですが、晴天になると熱中症の子が出るのじゃないかと心配しましたが、程よく曇っていたので、「これなら絶好の田植え日和じゃ!」
  
10:00〜12:00
田植え開始

 先ずはじめに苗のとり方と植え方の説明です。

 一度に植える本数と足跡を消しながら植えつける説明を大本さんと山根さんの方から説明してもらいます。
 
 一度にたくさん植えつけると、苗が足らなくなるし植えつけたところを足で踏まない、また苗は生き物である!という事をよくよく説明していきます。

 一通り説明を聞いたら一列に並んで、いざ、田植え開始です。
 
 初めて入るドロドロの田んぼに最初は「きゃーきゃー、わーわー」大変でしたが、「始めるど〜!」の言葉を合図に、目印のついた紐に沿って植えつけていきます。

 植えつけながら下がっていくので、最初はふらふらして倒れそうになりながらも何とか立て直して植えていましたが、なれた頃に後ろに転ぶ子が出始めます。

 「着替えを持って来とるけん、大丈夫よ!」と一人転げるごとに周りの生徒から励ましの声が聞こえてくるので、全校生徒が少ないだけ助け合いの精神があるんだな〜と関心していました。 (この時は・・・。)

 田植えの作業時間を2時間30分を予定していましたが、段々と手際が良くなり半分植えつけた時に休憩しようか?と聞くと「一気にやりたい!」と返事が返ってくるので、一緒に植えつけている大人のほうが、腰の痛さに耐えられなくなってきてました・・・。^^;

 結局、11時30分には田植えが終了してしまい、「みんなが、がんばった成果じゃね!」と褒めていたのですが、何処からともなく「田んぼの端から2mは植えつけんといて」と聞こえ、「なんで??」と思っているといきなり始まりました、泥んこ合戦が・・・。

 着替えを持って来とるけん大丈夫!の意味がここでハッキリとわかりました・・・。

 結局全員体を流して着替えて、お待ち兼ねの昼食です。
 
  
12:00〜14:00
昼食・閉会式

 田植えを終えたあたりから、急に天気がよくなり暑くなってきたので、テントの下で昼食です。

 みんながんばっただけあって、黙々とお弁当を食べてました!

 予定時間より早く進んだので、バスの時間までトラクターに乗ってみたり田植え機に乗ってみたり、普段出来ない体験をしていました。

 「今日、思い出に残ったことは何ですか?」の質問に「トラクターに乗ったこと!」と言う返事が返ってきてました・・・。「えっ!」

 最後に生徒とクラブ員みんなで集合写真を撮影し、解散です。  

 お疲れ様でした!

 次回は10月の稲刈りで会いましょう!
 
   
 
 
トップページへ     目次へ
久和田農園
−Copyright(c) Kuwada All rights reserved