活動報告
稲刈り体験‘08
平成20年10月04日
イオンチアーズクラブミハラ 稲刈り体験08
 
8:30〜9:30
準備

 今年も子供達に農業を体験してもらうために稲刈りを企画しました。

 今回は子供達にあまり時間が無いので、今までより趣向を変えて体験してもらおうと入念に準備開始です。

 この時期シーズン真っ盛りの機械を使った体験なので、途中で故障すると子供達に迷惑がかかるので細部まで点検です。

 途中で故障しませんように・・・。
 
9:30
開会式

 去年、田植えから稲刈りまで体験したイオンチアーズクラブのみんなを招いて今年は、稲刈り体験です。

 今年は青年クラブの方が役員交代など色々あって、田植えからは準備できませんでしたので、今回は稲刈り体験からです!

 今年は、“近代水稲作業”という事で、みんなにコンバインの同乗体験をしてもらう事になりました。

 今回は、鎌ではなく機械なので同乗中にやってはいけないことなど、よくよく説明し同乗開始です。
  
10:00〜12:00
稲刈り開始

 今回の参加のみんなは、コンバインに乗るのは初めての体験らしく乗る前までは恐る恐るって感じでしたが、乗ってしまえばすっごく楽しそうでした。
 今回は、数日前に雨が降り田んぼが柔らかかったのですが、その柔らかい田んぼの中をグイグイ走行するコンバインがかなり珍しかったようです。
 使用した田んぼが少し小さく、参加人数も多く一人一回だけの同乗なので、何度も乗りたい子供もいましたが、「みんな同じように!」と何度も言い聞かせ納得してもらいました。

 お米をトラックに移す時も、移し始めて一瞬でトラックが人だかりとなり、見たい子をトラックの荷台に持ち上げるのに、参加した大人が持ち上げるのに一苦労でした・・・。

 最後は、引率されていた社員さんも「ど〜しても乗ってみたい」ということなので、キャーキャー言いながら体験されました。
  
12:00
閉会式

 今回、参加してくれた子供達は午後から広島空港見学があるのでこれで終了です。

 閉会式の時に「去年の稲刈り体験と今年の稲刈り体験どっちが楽しい?」って聞いたところ「去年の方が楽しかった!」とほぼ全員が手をあげていました・・・。
閉会式の挨拶をしていた大本さんも、「近代の稲刈りはこういうもので・・・」とか苦しい言い訳をしてました。

 来年はがんばって田植えから、手刈りの稲刈りまで企画したいと思います・・・。^^;

 残ったクラブ員で刈残しなどを集めて最後の仕上げです。

       皆さんご協力ありがとうございましたm(_ _)m
   
 
トップページへ     目次へ
久和田農園
−Copyright(c) Kuwada All rights reserved