活動報告
あぐり交流キャラバン‘07
平成19年10月13日
イオン三原チアーズクラブ あぐり交流キャラバン07第二部
 
9:30
開会式

前回の田植えに続き、今回は稲刈りです。

 会長と田んぼの持ち主の大本さんの挨拶の後、今回は、鎌を使うので特に注意して作業してもらうため、クラブの長老の山根さんから稲の刈り方や縛り方、鎌の持ち方などを説明してもらいました。

 隣同士、おしゃべりが止まらない子供もいましたが、「指が切れる」とか「指が無くなる」、「怪我は自分もち」などの言葉が出るので、子供達も恐れながらも、真剣に聞いていました。

        説明をよ〜く聞きましたか・・・?
  
10:00〜12:00
稲刈り開始

 みんな横一列になって、稲刈りスタートです!

ワイワイ!ガヤガヤ!順調に進んでいるように見えましたが・・・。
自分の目の前ばかりバリバリ刈っていっていつの間にか田んぼの中に道が出来ていました・・・。

 みんな、稲を刈るのは良いのですが、くくるのが面倒ならしく、刈り取ったらそのままばらばらになっている所があちこちに・・・。
そのうち稲刈りにも“あき”はじめ、蛙やバッタを追いかける子まで・・・・。^^;

 予定では11:30には終了する予定でしたが、このままだと午後からの予定に影響するし、子供達の“反乱?”には勝てず、途中から機械の登場です!
 機械に着いて歩く子が次々に出てきましたが、「終わらなかったら、昼御飯無し。」と言う言葉で、みんなが一斉に機械が刈り取った稲を運び始めました。     大人の言うことより昼御飯の力の方が・・・。

最後に落穂をみんなで綺麗に拾って、稲刈り終了です。

結局、12:30まで掛かってしまいました・・・。
(みんな「腹減った」の合唱でした)

  みんなお疲れ様でした。美味しい御飯を期待してください!!

余談ですが、この稲刈りの撮影を、終わった時点で自分のカメラの液晶が映らなくなりました・・・(T_T)
  
14:00〜15:30
竹トンボ作り

 遅い昼食を終えて、午後から、市役所の向井さん指導による竹トンボ作りです。

ここからの撮影は、御畑さんのカメラで撮影しています。

この竹トンボは、自分達の頃のようにナイフを使わず、サンドペーパーと羽を曲げるために蝋燭を使うので、小さい子供に教えるにはピッタリです。

 なれない手つきで、サンドペーパーで羽の形を整えていき、蝋燭であぶって、羽の角度をつけて、色を塗って完成です。

 この竹トンボが、またよく飛ぶので、子供達も大喜びです!


15:30
閉会式

 竹細工を、もう一品作る予定でしたが、時間がきてしまい残念ながら今日はここまでです。

 今度は、自分達で刈り取った米を食べる会を行いたいと思います。
それまで、元気で!お楽しみに〜〜!!
   
 
トップページへ     目次へ
久和田農園
−Copyright(c) Kuwada All rights reserved