活動報告
あぐり交流キャラバン‘07
平成19年06月23日
イオン三原チアーズクラブ あぐり交流キャラバン07第一部
 
9:00
準備

前日まで天気が悪かったんですが、今日は、朝から真夏日で暑い暑い。

子供達が着くまでに植えてもらう苗の準備が大忙しです。

 右の写真は、田植えの様子を取材に来た地元のケーブルテレビの車なんですが、すぐ側まで来て脱輪です・・・。
田植えの前に自動車を押し上げて一仕事です。
「自分のところの事故の取材からスタート?」って声が聞こえてました。^^;

9:30〜10:00
開会式

子供達も到着し開会式です。
会長の河本さんと田んぼの持ち主の大本さんが挨拶をしている最中も田んぼの生き物に興味心身の様子です。

 今回はイオン三原ということで、新入社員の方も「会社の命令ですから」ということで、田んぼに入ることになっていたようです。

 新入社員は大変ですね〜〜〜。
  
10:00〜12:00
田植え開始

 横一列に並んで田植えのスターとですが、経験したことのある子供も何人かいたようなんですが、足にさばりつくヒルを捕まえたりしてなかなか進まず、写真の距離にいくまで30分くらいかかってました・・・。(まだまだ、先が長いのに〜〜)

 今回は、JA三原の青年部も参加してくれたので、指導員も多かったのですが、子供達が線通りではなくバラバラに植え付けたり、急に後ろを向いて植え付けたりするので、直すほうが急がしかったようです。

 今回、古民家を再生しながら農業を頑張っている猪上(いのがみ)さんにも指導員で参加してもらいましたが、若いのに田植えの指導がうまく、子供達もよく聞いていました。

 この日は朝から暑かったんですが、田植えが思うように進んでいなかったので、お茶が飲みたい人は田んぼの中で休憩です。
 この段階で子供達は泥んこで、「このままじゃ、バスに乗せてもらえんかね〜?」という質問に「あたりまえ!」とか答えていました。 

 時間をかなりオーバーしていて、「終わるまで、昼御飯は無し」と言う言葉を聞いたとたん、急にペースがあがり、半分くらいから一気にしあがっていき、何とか作業終了です。

昼御飯の力ってすごい!

田植えの最後にみんなで集合写真を撮り、みんなの名前が書いてある看板を取り付けて、田植えは終了です。

10月には大きく育ってるといいね!

みんなお疲れ様でした。

さーて着替えて昼飯、昼飯!
  
13:30〜14:30
ゲーム

田んぼから場所を変え、昼食を一緒に食べた後は、みんなで探し物ゲームです。

講師は、三原市農林水産課主任専門員の向井さんです。

植え込みなどに隠されたプラスチックで出来たその場にあったら“おかしい物?”を探すゲームです。
 プラスチックなので分かりやすそうなんですが、これがなかなか分かんないんですよね〜。
     
 見つけても、声を出してはいけないんですが、一生懸命探して見つけると、ついつい「あった!!」って声が出るんですよね〜^^;

 ゲームも終り閉会式です。
大人は、くたくたのようでしたが、子供達はまだまだという感じでした。

 しかも、子供達は「あしたは、運動会!」とかいってました。
田植えの次の日運動会とは・・・。
 
子供の元気についていけません・・・。

元気に10月の稲刈りで逢いましょう!
   
 
トップページへ     目次へ
久和田農園
−Copyright(c) Kuwada All rights reserved